ウクライナ、毎年約1万人が孤児に=社会政策省

ウクライナ、毎年約1万人が孤児に=社会政策省

ウクルインフォルム
ウクライナでは、毎年平均約1万人が孤児・親の世話を受けられない子供となっている。

7日、社会政策省社会サービス発展・児童権利保護局のルスラン・コルバサ局長の発言を同省がフェイスブック・アカウントにて伝えた

コルバサ氏は、ウクライナでは、約6万9000人の孤児・親の世話を受けられない子供がおり、そのうち6万3500人強が家族形態の中で子育てを受けており、約4000人が寄宿施設にて生活、1000人強が専門・技術教育施設で教育を受けていると伝えた。

その上で同氏は、「これは単なる数字ではない。1つ1つの数の先に、子供の運命があるのだ。ウクライナでは年間、平均で1万人が孤児となっている。毎年、孤児の数は増えているが、彼らの大半は、寄宿施設ではなく、家族形態の子育てを受けられている。寄宿施設の生活は、子供の成長に否定的な影響を与えるのだ」と発言した。

また同氏は、現在孤児・親の世話を受けられない子供の93%が何らかの家族形態の子育て(養子受け入れ、家族形態子育て施設、その他の子育て受け入れ)を受け入れる準備があると指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-