政治

2022年2月18日

2022年2月17日

独政府、ショルツ首相がプーチン露大統領にウクライナのNATOへの一定期間非加盟を約束したとの噂を否定

独政府、ショルツ首相がプーチン露大統領にウクライナのNATOへの一定期間非加盟を約束したとの噂を否定

ヘーベシュトライト独政府報道官は16日、ショルツ独首相がモスクワ訪問時にウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟を一定期間拒否することを「形式的に確定する」可能性について話したらしいとする、複数の専門家のコメントを否定した。

2022年2月16日

2022年2月15日

プーチン露大統領、解決策を見つけるために「西側によるウクライナ政権への影響力行使を期待」

プーチン露大統領、解決策を見つけるために「西側によるウクライナ政権への影響力行使を期待」

プーチン露大統領は15日、ロシアはミンスク・プロセスにて解決策を見出すことを望んでいるとし、また同日ロシア国家院が採択した自称「ドネツィク人民共和国(DPR)」「ルハンシク人民共和国(LPR)」承認をプーチン露大統領に呼びかける決議については、すでに知っていると発言した。

「三者協議が紛争終結の道」=ショルツ独首相

「三者協議が紛争終結の道」=ショルツ独首相

ショルツ独首相は15日、ウクライナによるミンスク諸合意の政治項目を進める行動を、三者コンタクト・グループ(TCG)における合意履行のへの道であり、紛争の平和的集結を近づけ得るものだと発言した。

米国・NATO、露による武装集団の「国家承認」はウクライナ主権の侵害だと指摘

米国・NATO、露による武装集団の「国家承認」はウクライナ主権の侵害だと指摘

在ウクライナ米大使館は、15日にロシア国家院がウクライナ東部の自称「ルハンシク人民共和国(LPR)」「ドネツィク人民共和国(DPR)」を承認するようロシア大統領に要請する決議を採択したことにつき、ウクライナの主権侵害のさらなる不快な試みだとコメントした。

ウクライナ政権、露の武装集団「国家承認」はミンスク諸合意離脱を意味すると指摘

ウクライナ政権、露の武装集団「国家承認」はミンスク諸合意離脱を意味すると指摘

ウクライナのニコレンコ外務報道官は、15日にロシア国家院がウクライナ東部の自称「ルハンシク人民共和国(LPR)」「ドネツィク人民共和国(DPR)」を承認するようロシア大統領に要請する決議を採択したことにつき、同承認が行われた場合、ロシアはミンスク諸合意とウクライナ東部の武力紛争解決プロセスの破綻の完全な責任を負うことになると指摘した。

岸田日本首相、ゼレンシキー宇大統領と電話会談 「力による一方的な現状変更は断じて認められない」 1億ドル緊急支援も伝達

岸田日本首相、ゼレンシキー宇大統領と電話会談 「力による一方的な現状変更は断じて認められない」 1億ドル緊急支援も伝達

日本の岸田首相は15日、ウクライナのゼレンシキー大統領と約30分間電話会談を行い、現在のウクライナ周辺のロシア軍増強による緊張した情勢につき協議を行った。岸田首相は、ウクライナに対して、少なくとも1億ドル規模の借款による支援を供与する用意があると伝えた。

2022年2月14日

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}