ウクライナ保安庁、ドニプロ市でロシアの反ワクチン偽情報発信拠点を摘発

ウクライナ保安庁、ドニプロ市でロシアの反ワクチン偽情報発信拠点を摘発

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ保安庁(SBU)は、南部ドニプロ市にて、ロシア連邦からの発注を受けて、ワクチン接種への反対意見を煽る情報発信をするべく、大量のボット(インターネット上で事前に設定された処理を実行するプログラム)を運営していた人物を摘発した。

17日、SBU広報室が伝えた

発表には、「キューレーターの構想に従い、大量の偽情報をウクライナのインターネット・ユーザーの間に拡散させることは、ウクライナ政権の信頼失墜と国家ワクチン接種計画の破綻を目的としたものであった」と書かれている。

捜査によれば、摘発された「ボット工場」の管理人はドニプロ市の女性であり、ロシアの発注者が同人物に関連機材やプログラムを提供し、遠隔で設置作業を支援していたという。

摘発された人物は、同作業の機材設置のためにアパートを賃貸し、フェイスブックにウクライナ国民を装った架空の人物で、5000以上の投稿を行っていたという。

発表には、「女性は、発注者から、ソーシャルメディアを通じて拡散するための偽情報を定期的に受け取っていた。さらに、女性は、新しい偽アカウントを積極的に作らなければならなかった」と説明されている。

女性は、ウクライナ国内で禁止されている支払いシステムを通じて報酬を受け取っていたとのこと。

現在、裁判前捜査が行われており、コンピューター機材、SIMカード数百点が証拠として押収されたと説明されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-