新着ニュース

2022年1月17日

三者コンタクト・グループの作業はロシアが妨害=クレーバ宇外相

三者コンタクト・グループの作業はロシアが妨害=クレーバ宇外相

ウクライナのクレーバ外相は、ロシア・ウクライナ紛争解決協議を行う、独仏宇露4国からなる「ノルマンディ・フォーマット」の首脳会談を開催するためには、ロシアが、ウクライナと同じように、2019年12月のパリ首脳会談の自らの義務を履行しなければならないと発言した。

クレーバ宇外相、独外相と4国首脳会談開催の可能性を協議

クレーバ宇外相、独外相と4国首脳会談開催の可能性を協議

ウクライナのクレーバ外相は、17日のキーウ(キエフ)でのベーアボック独外相と会談し、ウクライナとドイツはウクライナ東部紛争の外交的解決にコミットしており、独仏宇露4国のノルマンディ・フォーマット首脳会談を開催することが両国の共同の目的だと発言した。

ポロシェンコ前宇大統領、ウクライナへ帰国 裁判所へ出廷

ポロシェンコ前宇大統領、ウクライナへ帰国 裁判所へ出廷

国家反逆罪などの容疑がかけられているウクライナのペトロ・ポロシェンコ前大統領(欧州連帯党党首)は17日、ウクライナに帰国し、同氏に対する未決囚予防措置の選択審理が行われるキーウ市内のペチェルシキー地区裁判所へと移動した。

2022年1月16日

2022年1月15日

2022年1月14日

前ポーランド大使、ウクライナへのハッカー攻撃につき「露からの他の挑発に備えるべき」

前ポーランド大使、ウクライナへのハッカー攻撃につき「露からの他の挑発に備えるべき」

ヤン・ペクロ前駐ウクライナ・ポーランド大使(2016〜2019年)は、13、14日のポーランド発のように見せかけたウクライナに対するサイバー攻撃について、両国に対する挑発行為の延長線にあるものだろうとの見方を示し、過去数年も両国の複雑な歴史を利用した事件があったことを喚起した。

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-