新着ニュース

2022年4月17日

「強制的ロシア化」 ロシア占領政権、ウクライナ南部・東部の教師の「技能の再獲得」に向け準備

「強制的ロシア化」 ロシア占領政権、ウクライナ南部・東部の教師の「技能の再獲得」に向け準備

被占領下クリミアのロシア占領政権は、ロシアが新たに占領したウクライナ南部ヘルソン州、ザポリッジャ州、ハルキウ州の学校の教師のための「技能再獲得キャンプ」を設置しようとしている。その目的は、「ロシアの教育基準」を身につけさせるためだという。

裁判所、メドヴェチューク容疑者の拘置決定

裁判所、メドヴェチューク容疑者の拘置決定

リヴィウ市リチャキウ地区裁判所は16日、国家反逆罪容疑などで裁判が続き、2月24日のロシアの全面的侵攻開始以降に、自宅軟禁を破り逃亡するも、4月12日に保安庁(SBU)に拘束されたヴィクトル・メドヴェチューク容疑者(最高会議(国会)野党生活党議員)の未決囚予防措置として拘置(逮捕)を選択した。

2022年4月16日

ゼレンシキー宇大統領、マリウポリで宇軍人が投降しても合意が守られない可能性を懸念

ゼレンシキー宇大統領、マリウポリで宇軍人が投降しても合意が守られない可能性を懸念

ウクライナのゼレンシキー大統領は16日、ロシアがマリウポリを防衛しているウクライナ軍人に投降することを提案しており、命の保証を約束しているが、実際には、2014年のイロヴァイシクの時のように、ウクライナ軍人を銃殺したがっている可能性は排除できないと発言した。

ロシア軍、ウクライナ各地で攻撃継続 民間人に死者も

ロシア軍、ウクライナ各地で攻撃継続 民間人に死者も

ウクライナでは、ロシア軍による各地での攻撃が続いている。ウクライナ東部ルハンシク州クレミンナでは15日から16日にかけての夜間の砲撃で、男性1名が死亡。同州リシチャンシクでは、3名の女性が負傷。シェヴェロドネツィクではガス送管が破壊された。

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-