ウクライナ軍、トルコ製無人機を東部で初めて使用 露占領軍の火砲を破壊

ウクライナ軍、トルコ製無人機を東部で初めて使用 露占領軍の火砲を破壊

更新
ウクルインフォルム
ウクライナ軍は、ウクライナ東部の統一作戦圏にて、トルコ製攻撃型無人機「バイラクタル」を初めて使用した。

26日、ウクライナ軍参謀本部がフェイスブック・アカウントにて発表した

発表には、「今日、10月26日、ウクライナ軍総司令官、ヴァレリー・ザルジュニー少将の命令を受け、統一部隊作戦実施圏にて、調査・攻撃型無人機システム『バイラクタル』が初めて戦闘に使用された」と書かれている。

参謀本部は、同使用に先立ち、ロシア占領軍からの攻撃があったと伝えている。具体的には、同日14時25分から15時15分にかけて、ロシア占領軍が122ミリ口径榴弾砲D-30によりフラニトネのウクライナ統一部隊配置地点に対して砲撃、これによりウクライナ軍軍人2名が負傷、内1名が死亡したと報告された。その際、ウクライナ側は、敵の砲撃開始時に欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)を通じて停戦要求を出し、さらに外交チャンネルを通じて口上書を送付したが、ロシア占領軍は対応しなかったという。

これを受け、ウクライナ参謀本部は、「敵を強制的に攻撃停止させるため、ウクライナ軍総司令官の命令に従い、『バイラクタル』が使用された。同無人機は、衝突ラインを越えず、誘導弾により、ロシア占領軍保有の火砲1点を破壊した」と伝えた。その後、敵のウクライナ側への砲撃は止まったという。

これに先立ち、2020年12月14日、ウクライナ国防省は、トルコ企業との間で複数の防衛関連契約を締結、2021年7月には、ウクライナ海軍の装備用にトルコ製無人機バイラクタルTB2の1機目が到着していた。

ーー

※修正更新(10月28日9:56):ウクライナ軍参謀本部によるフェイスブック・アカウントにおける発表日を、10月27日から10月26日に修正しました。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-