戦争

2022年11月27日

ザポリッジャ原発からロシア占領政権が立ち去るかもしれない=ウクライナ原子力発電企業

ザポリッジャ原発からロシア占領政権が立ち去るかもしれない=ウクライナ原子力発電企業

ウクライナの原子力発電企業「エネルホアトム」社のコチン総裁は27日、ロシアのマスメディアにて、現在ロシアが占拠しているウクライナ南部のザポリッジャ原子力発電所を国際原子力機関(IAEA)のコントロール下に置く可能性が報じられているとし、もしかしたらそれはロシアが同原発を立ち去る兆候かもしれないとの見方を示した。

2022年11月26日

ヘルソン市民の無料避難開始

ヘルソン市民の無料避難開始

11月11日にロシアの占領から解放されたウクライナ南部のヘルソン市から、政府が組織する最初の100人の市民の無料避難が行われた。

2022年11月25日

2022年11月24日

ウクライナ軍情報機関、ロシアの大規模ミサイル攻撃の周期性を指摘

ウクライナ軍情報機関、ロシアの大規模ミサイル攻撃の周期性を指摘

ウクライナ国防省傘下の情報総局のユソウ広報担当は24日、ロシア連邦は概ね1週間強に1度大規模なミサイル攻撃を行なっているとし、次の攻撃に向けた準備はしておくべきだと指摘した。また、ロシアがイラン製自爆型無人機シャヘドをほぼ使い切ったとの見方も示した。

2022年11月23日

2022年11月22日

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}