新着ニュース

2021年9月11日

2021年9月10日

EU、対露個人制裁をさらに6か月間延長

EU、対露個人制裁をさらに6か月間延長

欧州連合(EU)理事会は、ウクライナの領土一体性、主権、独立の弱体化・脅威をもたらす行為を行う個人・法人を対象とする対露制裁を2022年3月15日までの6か月間延長する決定を採択した。

2021年9月9日

【クリミア・タタール人拘束】先住民機関代表、クリミア・プラットフォーム参加国に協議を呼びかけ

【クリミア・タタール人拘束】先住民機関代表、クリミア・プラットフォーム参加国に協議を呼びかけ

ウクライナの先住民であるクリミア・タタール人の民族代議機関「メジュリス」で代表を務めるレファト・チュバロフ氏は、被占領下クリミアにおいて同民族が大規模に迫害されていることを受けて、クリミア・プラットフォーム参加国に対して協議の開催を呼びかけた。

クリミアで拘束のジェリャル氏、弁護士に手紙 「頭に袋を被せられ連行」

クリミアで拘束のジェリャル氏、弁護士に手紙 「頭に袋を被せられ連行」

ロシアにより占領下にあるウクライナ領クリミアにて占領機関当局に拘束・逮捕された先住民クリミア・タタール民族代議機関「メジュリス」のナリマン・ジェリャル第一副代表は、弁護士のニコライ・ポロゾフ氏に対して手紙を渡した。公開された手紙には、自身の拘束とその後の出来事が書かれている。

2021年9月8日

ウクライナ国会、ロシア国家院選挙の合法性を認めないよう国際社会に呼びかけ

ウクライナ国会、ロシア国家院選挙の合法性を認めないよう国際社会に呼びかけ

ウクライナ最高会議(国会)は8日、ロシア連邦が9月19日に予定する国家院(下院)選挙に向け、一時的被占領下ウクライナ領でも違法に選挙準備をしていること、またドネツィク・ルハンシク両州一部被占領地域のウクライナ国民も投票に参加できるようにしていることから、同選挙の合法性を認めないよう国際社会に呼びかける決議を採択した。

ウクライナ国会、仮想通貨合法化法を採択

ウクライナ国会、仮想通貨合法化法を採択

最高会議(国会)は8日、ウクライナにおける仮想資産(暗号資産)分野の法的規制メカニズムを確率し、仮想通貨市場を合法化する法案「仮想資産」(第3637)を第二読解で採択した。

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-