新着ニュース

2021年12月3日

ロシアによる対ウクライナ大規模激化の準備が整うのは1月末の可能性大=レズニコウ宇国防省

ロシアによる対ウクライナ大規模激化の準備が整うのは1月末の可能性大=レズニコウ宇国防省

ウクライナのオレクシー・レズニコウ国防相は、情報機関はロシア連邦によるあり得る大規模激化シナリオを分析しているとし、ロシア側の激化を行う準備が整う可能性が最も大きいのは来年1月末だと発言した。また、現在のウクライナ周辺(ロシア領と被占領地)のロシア軍の兵力は計9万4300人だと報告した。

2021年12月2日

ラヴロフ露外相、将来のNATO加盟が決定された後の露によるジョージア侵攻を喚起

ラヴロフ露外相、将来のNATO加盟が決定された後の露によるジョージア侵攻を喚起

ロシア連邦のセルゲイ・ラヴロフ外相は2日、2008年の北大西洋条約機構(NATO)ブカレスト首脳会談にてジョージアとウクライナの将来のNATO加盟が決定された後、同年8月にロシアがジョージアへの軍事侵攻を行なったことを喚起した上で、ロシアの立場を考慮しないNATOの東方拡大は「火遊び」であると形容した。

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-