ウクライナ外務省、ウクライナ東部の「分離主義者」という表現につきロイター通信を批判

ウクライナ外務省、ウクライナ東部の「分離主義者」という表現につきロイター通信を批判

ウクルインフォルム
ウクライナのニコレンコ外務報道官は、ロイター通信がロシア武装集団首長を「ウクライナ東部の分離主義者」と形容して報道したことにつき、現実を歪め、ロシアの責任追求の努力を弱めることになるものだとして批判した。

8日、ニコレンコ報道官がツイッター・アカウントにメッセージを掲載した

ニコレンコ氏は、「ロイター通信へ。ドンバスにいるのは、分離主義者ではなく、ロシア占領政権である。ロシアの代理人にスポットライトを当てることは、誤った現実を生み出し、ロシアの犯罪責任追求の努力を弱体化させてしまう。欧州安全保障に話が及ぶ際、責任あるジャーナリズムが決定的な役割を担うのだ」と書き込んだ。

なお、報道官は、とりわけ、ロイター通信がロシア武装集団「ドネツィク人民共和国」のデニス・プシーリン首長による、ウクライナ東部の全面的戦争はいつでも起こり得る、などとする発言を報じたことへの批判となっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-