人民奉仕者党、同党のブランドを勝手に使用する偽候補者の摘発サイトを発表

人民奉仕者党、同党のブランドを勝手に使用する偽候補者の摘発サイトを発表

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領系の人民奉仕者党の本部は、小選挙区で同党の候補者でないのに、党のロゴやイメージを勝手に使用する「偽候補者」に関する情報を掲載する特設サイト「ゼオパーク(ZeOpark)」を発表した。

3日、同党広報室がウクルインフォルムに報告した。

発表には、「ゼ!チーム(編集注:ゼレンシキー大統領チーム)のボランティアたちは、サイト『ゼオパーク』(編集注:『動物園』のもじり)を作った。このサイトには、人民奉仕者党と関係がないにもかかわらず、同党のブランドやシンボルを使って最高会議選挙に出馬する、偽候補者の写真を募っている。自分の区で、人民奉仕者党の推薦でないのに同党の宣伝を真似する悪意ある候補者を見つけたら、写真を撮って、ゼオパークに送って欲しい。ウクライナ全土に嘘つき候補者について知らしめるためだ」と書かれている。

同サイトには、「ゼオパークは、自分のデザイナーに払うお金の不足する候補者たちの場所です。ゼオパークの住民には、触ったり、えさを与えたりしないでください。彼らはあなたが来園する前からおなかがいっぱいですから」と書かれている。

人民奉仕者党のオレクサンドル・コルニイェンコ選対長は、同党候補者を装う人物の数は日々増え続けていると言う。

同選対長は、「私たちは、対抗候補者たちに対して、公正な闘いを呼びかけているし、詐欺を行う者には党ブランドの不正使用、有権者をだます行為による刑事責任を警告している」とし、「無所属で出馬する人物が人民奉仕者党候補者を装うのは、詐欺である」と強調した。

また、人民奉仕者党から出馬する候補者は、同党公式サイトから確認できることが指摘されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-