ウクライナの外貨準備高、約296.5億ドルに増加

ウクライナの外貨準備高、約296.5億ドルに増加

ウクルインフォルム
ウクライナの外貨準備高は、10月1日時点から3.3%増加し、11月1日時点で約296億5000万ドルとなった。

5日、ウクライナ中央銀行広報室が伝えた

発表には、「2021年11月1日、ウクライナの外貨準備高は、暫定データによれば、296億5420万ドルである。10月、主に政府に有利な外貨獲得と中央銀行による国際外貨市場での外貨購入にて、外貨準備高は3.3%増加した」と書かれている。

中央銀行は、具体的に、増加の主要な要因となったものとして、公債管理オペレーションを挙げており、欧州委員会からのトランシュ(5億8870万ユーロ)、国内国債(4億3190万ドル)をはじめとする、11億4490万ドルがウクライナ政府に有利な外貨獲得があったと伝えた。

また、外貨建て公債のサービスと返済に、9億1170億ドルが充てられたと書かれている。また、10月、国債通貨基金(IMF)に対して、8650億ドル支払いが行われたとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-