ウクライナ、ベラルーシとスロバキアに対し電力供給を緊急要請

ウクライナ、ベラルーシとスロバキアに対し電力供給を緊急要請

ウクルインフォルム
2日、ウクライナは、火力発電所の状況に従った緊急支援協定に従い、ベラルーシとスロバキアに電力供給を要請した。

電力会社「ウクルエネルホ」社広報室が伝えた

発表には、「今日、11月2日、13時から20時にかけて、ウクライナ統一電力システムの能力不足に関連し、ウクルエネルホ社は、ベラルーシの電力システムからの緊急支援を利用せざるを得なくなった。緊急支援量はおよそ毎時3500メガワットである」と書かれている。

同社は、電力不足の原因は、季節的な消費の増加の生じる時期に火力発電所における緊急事態発生可能性が高まったことにあると説明した。11月2日には、水力発電所における超過生産と再生可能エネルギーの生産低下が観察されていたとも書かれている。

また、同社は、同日10時から20時にかけて、スロバキアの電力システムからの緊急支援も利用したと説明した。支援領は、毎時800メガワットだとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-