ウクライナはIMFの次期融資を11月末〜12月初旬に期待=シュミハリ首相

ウクライナはIMFの次期融資を11月末〜12月初旬に期待=シュミハリ首相

ウクルインフォルム
ウクライナは、国際通貨基金(IMF)の現行の取り決めに従った次期トランシュ7億5000万ドルを、11月末〜12月初旬に受け取れることを期待している。

14日、シュミハリ首相が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

首相は、9月18日からウクライナにてIMFの「最終」ミッションが活動を始めると述べた。同時に、コロナ防疫措置により、協議はオンラインになる可能性が大きいとも指摘した。

また首相は、「ミッションは、現行の協力取り決めに従った次期トランシュ供与への準備における実質的に最終のものとなる。私たちは、IMFとの協力覚書にて定められている全ての条件を履行した。そのため、肯定的な結果のみを期待している。私たちはまた、およそ11月末から12月初旬までの時期に次期トランシュが入ることを期待している」と発言した。

首相は、ミッションの作業終了から通常、IMF理事会の会合に向けた準備に5〜7週間かかり、その間にトランシュに関する最終決定が採択されるのだと説明した。

なお、IMFは、2020年6月、ウクライナに対して18か月にわたり50億ドルの金融支援を行うスタンドバイ取り決め(SBA)を正式に承認している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-