フェドロウ副首相、グーグル社副総裁と会談

フェドロウ副首相、グーグル社副総裁と会談

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領の訪米に同行しているフェドロウ副首相兼デジタル移行相は31日、ワシントンにてグーグル社のカラン・バティア副総裁と会談し、これまでの協力と今後の計画について協議した。

フェドロウ副首相がフェイスブック・アカウントにて伝えた

フェドロウ氏は、「私たちは、同省設置時からグーグル社と協力している。なぜなら、私たちのビジョンは非常に似ているからだ。今日は、協力の結果と今後の共通の計画について協議した。特に、ウクライナのユーチューブ・ミュージックとユーチューブのメインページのためのコンテンツ選択・おすすめの問題について話し合った。というのも、現在ウクライナのユーザーにはロシアのコンテンツが提案されるからだ。ウクライナで戦争が続く中で、これは看過し得ない」と書き込んだ。

同氏は、グーグル社はコンテンツを選ぶウクライナの独立した編集者を関与させることを提案したと伝えた上で、これによりウクライナの音楽・クリエイティブ産業の発展の可能性が開けると指摘した。

さらに同氏は、協議を行った重要な問題の中には、ウクライナ政府が作成したスマートフォン用多目的アプリ「ジーヤ」に関する協力と、ウクライナ国民によるユーチューブ・ショート基金の利用が含まれていたと伝えた。その上で同氏は、ウクライナには非常に優れたクリエイティブ産業があるとし、「ウクライナの映画監督は映画で賞を取っているし、プロモ撮影者はコールドプレイのような世界のスターの動画、アップル社のような企業の宣伝を撮っており、全世界で高く評価されている」と強調した。

同氏は、グーグル社はウクライナに特別な注意を向けているとし、同社との実りある協力が続くことへの期待を表明し、「なぜなら、私たちは、国際的企業が単にウクライナにプレゼンを持つだけでなく、ビジネスを拡大してほしいと思っているからだ」と強調した。

なお、ゼレンシキー大統領は現在米国を訪問している。9月1日には、バイデン米大統領との会談が行われる。大統領の訪米は、9月5日まで続く予定となっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-