【写真】多国間海軍共同演習:仮想敵による飛行場爆撃を想定した演習実施

【写真】多国間海軍共同演習:仮想敵による飛行場爆撃を想定した演習実施

ウクルインフォルム
ウクライナ南部にて行われている多国間海軍共同演習Sea Breeze 2019の一環で、ウクライナと米国の軍人が、ミコライウ州にて仮想敵による飛行場爆撃後の滑走路修理を想定した訓練を実施した。

11日、ウクライナ軍広報室が伝えた

米国海軍第133建設大隊のジョシュア・コレンダ指揮官は、「今回のSea Breeze 2019の演習に、私たちが全ての必要な機器を持ってきたわけではない。そのため、ウクライナの同僚たちが追加的機器を提供しており、それにより戦術的特別課題を効果的に実施することができている」と指摘した。

同演習のシナリオでは、仮想敵が飛行場のインフラを爆撃し、その結果滑走路が損壊したことを想定。修復作業には、米国海軍第133建設大隊とウクライナ海洋航空旅団飛行場技術保障大隊の軍人が参加した。

写真:国防省

その他、オデーサのチャバンカ基地でもウクライナと米国の陸上訓練が行われた。

写真:ニーナ・リャショノク、ウクルインフォルム

なお、2019年7月1日から12日にかけて、ウクライナ南部において、多国籍海軍共同演習Sea Breeze 2019が実施されており、同演習には計19か国から約3000人の軍人が参加している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-