戦争

ロシアが大量破壊兵器をウクライナで使った場合、NATOは真剣に対応を考えるべき=ドゥダ・ポーランド大統領

ロシアが大量破壊兵器をウクライナで使った場合、NATOは真剣に対応を考えるべき=ドゥダ・ポーランド大統領

ポーランドのドゥダ大統領は、ロシアがウクライナで化学・生物兵器あるいはその他の大量破壊兵器を用いた場合、それは状況を一変させる「ゲームチェンジャー」となるのであり、その場合、北大西洋条約機構(NATO)が真剣に対応を考えるべきだとの考えを示した。

敵はヘルソンをウクライナ分割の「法的」基盤として利用したがっている=EU大使

敵はヘルソンをウクライナ分割の「法的」基盤として利用したがっている=EU大使

マーシカス駐ウクライナ欧州連合(EU)大使は13日、ロシアが占領しているウクライナ南部ヘルソン市の動静を注意深く見るよう呼びかけている。同氏は、ロシアは同市の出来事をさらなる侵略あるいはウクライナ分割のための「法的」基盤として利用したがっていると指摘した。

露軍のリヴィウ州軍事訓練場攻撃 死者35名

露軍のリヴィウ州軍事訓練場攻撃 死者35名

13日、ロシア軍は、ウクライナ西部リヴィウ州の国際平和維持・安全センター(旧陸軍ヤヴォリウ訓練場)を巡航ミサイルにて攻撃、死者数は35名に増加、負傷者数は134名となった。

2022年3月12日

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}