動画

2ヶ月前

医療関連品を積んだアントノウ社「ムリーヤ」がウクライナに到着

防護服など新型コロナウイルス対策関連医療品を積んだアントノウ社「ムリーヤ」(An-225)がウクライナに到着した。

2ヶ月前

世界最大輸送機「ムリーヤ」、中国からポーランドへ医療関係品輸送

ウクライナのアントノウ社による世界最大輸送機An-225「ムリーヤ(夢)」が、中国からポーランドに100トンの医療関係品を輸送した。

2ヶ月前

ドニプロ市著名人たち、「自宅にいて」動画を作成 新型コロナ対策

南部ドニプロ市にて、市民に対して新型コロナウイルス感染症拡散期に自宅に残り、防疫方策を守るよう、歌いながら呼びかける動画「ドニプロ、stay home!(自宅にいて!)」が作成された。

3ヶ月前

「全ウクライナ・オンライン学校」4月6日に開校=ゼレンシキー大統領

4月6日、学校の5年生から11年生の生徒のために、「全ウクライナ・オンライン学校」プロジェクトが始まる。それぞれの学年の11の科目がウクライナの各テレビにて視聴できる。

3ヶ月前

ウクライナ、陸路国境も封鎖 直前に約10万以上の国民帰国

新型コロナウイルス感染(Covid-19)拡大にともない、ウクライナは、3月28日から国境の旅客通過を停止した。

3ヶ月前

キーウ市内の消毒の様子

感染拡大抑制のために、キーウ(キエフ)市内では、道路や橋の消毒が行われている。

4ヶ月前

キーウ戦車工場、ウクライナ軍に改良T-72を納品

キーウ(キエフ)戦車工場は、改良戦車T-72を6両、ウクライナ軍に納品した。

4ヶ月前

新ウクライナ3Dアニメ「Trouble Nubble Gum」、欧州アニメフォーラムに参加

KAPIスタジオが制作している「ペトリク・プヤトチキンの23の表情」(英語名「Trouble Nubble Gum」)の第21回国際フォーラム「カートゥーン・ムービー」への出展が決まった。同フォーラムは、2020年3月3~5日、フランスのボルドーで開催される。

4ヶ月前

クリミアのセメナ記者、キーウへ到着

クリミアの「裁判所」に執行猶予を解除されたミコラ・セメナ記者は、被占領下クリミアから大陸側ウクライナへ移動、19日にキーウ(キエフ)へ到着した。

4ヶ月前

欧州委員会副委員長「私がプーチン氏の立場なら、クリミアをウクライナに返還するだろう」

欧州委員会のヴェラ・ヨウロヴァ副委員長は、もしある日自身が、ロシア連邦のウラジーミル・プーチン大統領の代わりとなってクレムリンで働くことになれば、クリミアをウクライナに返すだろうと発言した。

4ヶ月前

オスカーでウクライナ人プロデューサーの短編ドキュメンタリー映画受賞

ウクライナ人のエレーナ・アンドレイチェヴァ氏がプロデューサーを行った、キャロル・ダイシンガー監督の映画「Learning To Skateboard In A Warzone (If You’re A Girl) 」が、アカデミー賞(オスカー)にて短編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。

4ヶ月前

柔道GS、ダルヤ・ビロディド が優勝 古賀若菜は2位 女子48キロ級

柔道の東京五輪代表選考会の一つとなるグランドスラム(GS)パリ大会の第一日が8日に開催され、女子48キロ級の決勝戦で、ダルヤ・ビロディド (ウクライナ)が古賀若菜(日本)を優勢で下した。

5ヶ月前

クリミア占領時のウクライナ海軍掃海艇をめぐる映画「チェルカーシ」 新しい予告動画公開

2月にウクライナ全国の映画館にて上映の始まる、2014年のロシアによるクリミア占領時におけるウクライナ海軍の掃海艇での人々のドラマを描いた軍事アクション映画「チェルカーシ」の新しい予告動画が公開された。

5ヶ月前

クリチコ市長、キーウ高速トラムの新しい停留場を紹介

キーウ(キエフ)市のヴィタリー・クリチコ市長は、市内の新たに改装された高速トラム停留場「フナタ・ユリ」駅を紹介した。

5ヶ月前

大富豪のアフメトフ氏、南フランスの保養地にて高級別荘を購入

ウクライナの大富豪(オリガルヒ)として知られるリナト・アフメトフ氏は、「フレンチ・リヴィエラ」として知られる南フランスの保養地にて、イタリアのカンパリ社から2億ユーロの高級別荘を購入した。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-