「より多くの防空システムと防空ミサイルがあれば命を救える」=ゼレンシキー宇大統領

「より多くの防空システムと防空ミサイルがあれば命を救える」=ゼレンシキー宇大統領

動画
ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は2日、ロシアは昨年12月29日以降約300弾のミサイルと200機以上の自爆型無人機を使ってウクライナを攻撃したと発言した。

ゼレンシキー大統領が同日夜の国民向け動画メッセージで伝えた

ゼレンシキー氏は、「1日の始まり以降、ほぼ100弾の様々な種類のミサイルが放たれており、敵は最大のダメージを与えるために軌道を計算していた。それは全くもって自覚的なテロである。そして、過去数日、12月29日から今日までで、ロシアはウクライナに対してすでに約300弾のミサイルと200機以上の『シャヘド』を使用したのだ」と発言した。

同氏はまた、空中発射型弾道ミサイルをはじめ、各種ミサイルと無人機を組み合わせた攻撃を撃退した国はこれまで一つもなかったと指摘し、ウクライナ空軍、移動射撃班、地対空ミサイル班の軍人と「ウクライナを防空のための武器で支援してくれている世界の全ての人たち」に対して謝意を伝えた。

その上で同氏は、「さらなる防空システムとさらなる防空のためのミサイルがあれば、それは直接的に命を救う」と強調した。

これに先立ち、2日、ロシア軍は、ウクライナに対してさらなる大規模空撃を行った。ウクライナの防空戦力は、ロシアが発射した99点のミサイル・無人機の内72点を撃墜。とりわけ、空中発射型弾道ミサイル「Kh47M2キンジャル」10弾を全弾撃墜している。

なお、日本政府は、昨年12月22日、日本がライセンス生産を行っているパトリオット・ミサイルの米国への輸出を可能とする方針を決定していた。これにより、米国がウクライナへと米国はより多くの防空システム用ミサイルを供与できるようにもなることが指摘されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-