ゼレンシキー宇大統領とスナク英首相、安全保障分野協力協定に署名

ゼレンシキー宇大統領とスナク英首相、安全保障分野協力協定に署名

写真・動画
ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領とキーウを訪問したスナク英首相は12日、2国間の安全保障分野協力に関する協定に署名した。

ウクライナ大統領府広報室が伝えた。

ゼレンシキー大統領とスナク首相はまず首脳間のテタテ会談を行い、その後拡大会談を行った。

写真:大統領府

会談は、キーウのマルインシキー宮殿で行われた。

その後、ゼレンシキー大統領とスナク首相は安全保障分野協力に関する協定に署名した。

ゼレンシキー大統領は、テレグラム・チャンネルにて、「今日、私たちは、友として、同盟者として、肩を並べて立っている。これは世界に対する、『ウクライナは一人ではない』というシグナルだ」と書き込んだ

また、ゼレンシキー氏は、ソーシャルメディア「X」アカウントにて、今回の署名につき「今日は、欧州の歴史における転換点となった。ウクライナの英国は、新しい、過去に例のない安全保障協定に署名した。これは、単なる千限ではない。これは、英国という主要なグローバル国家からの安全保障コミットメントを含む、私たちの協力の結果が実った現実なのだ」と書き込んだ

さらに同氏は、英国やその他の国が1991年(編集注:にウクライナが独立して以降)このようなレベルの保証を提供していたら、ロシアの侵略は全くなかったであろうとも指摘した。

そして同氏は、「私たちの共通の目的は、ロシアの現在の侵略が止まり、ウクライナが強化された暁に、ウクライナへの攻撃が2度と繰り返されないことを確保することにある」と説明した。

なお、同日、スナク英首相がキーウを訪問している。

英政府は、今回の英宇間の安全保障協定につき、「安全保障協力に関する英国・ウクライナ協定は、情報共有、サイバーセキュリティ、医療・軍事訓練、防衛産業協力を含む、英国がウクライナの安全保障のためにこれまでに提供し、これからも行っていく様々な支援を正式に定めるもの」と説明していた。同協定は、ウクライナが再びロシアに攻撃を受けた際には、英国はウクライナと協議し、ウクライナの防衛のために「迅速かつ持続的な」支援を提供することを義務付けるものだという。

修正(12日17時00分):ゼレンシキー大統領のXへの書き込み追加


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-