8月23日のクリミア・プラットフォーム首脳会談、ウクライナは参加国増を目指す

8月23日のクリミア・プラットフォーム首脳会談、ウクライナは参加国増を目指す

ウクルインフォルム
ウクライナのジョウクヴァ大統領府副長官は2日、8月23日にオンラインでの開催が予定されている第2回クリミア・プラットフォーム首脳会談につき説明を行った。

ジョウクヴァ副長官が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ジョウクヴァ氏は、「第1回首脳会合後から1年が経ち、ウクライナ大統領は第2回クリミア・プラットフォーム首脳会談のオンライン開催を主導した。安全の観点から、私たちは今年はオフラインでは首脳会談を開催できないのだ…。クリミア・プラットフォームの参加国の首脳たちは、首脳会談参加の招待状を受け取った。言うまでもなく、クリミア脱占領問題は、その他のウクライナ領の脱占領同様、現在、全てのリーダーたちの議題の中にあるべきである」と発言した。

同氏はまた、過去1年で、クリミア・プラットフォームにはさらに1か国が加わっており、その結果、現在クリミア・プラットフォーム参加者は48の国(編集注:+国際機関)となっていると指摘した。

加えて同氏は、ウクライナはクリミア・プラットフォームに加わる国ができるだけ多くなるように積極的に活動しているとし、そのため、8月23日第2回首脳会談には参加国の48か国・団体の代表だけでなく、アジア、南米、アフリカの諸国の代表も招待すると伝えた。

さらに同氏は、10月にはクリミア・プラットフォーム参加国の国会議長会議も開催するとし、「そのイベントはオフラインとなり、ウクライナのあるパートナー国で開催される。それは、クリミア・プラットフォーム・フォーマットの延長となる。なぜなら、クリミア脱占領のための関連法律の採択においては、議会の役割も非常に重要だからだ」と発言した。

これに先立ち、ゼレンシキー宇大統領は7月25日、ウクライナは8月23日に第2回クリミア・プラットフォーム首脳会談をオンラインで開催すると発言していた。

なお、2021年8月23日、キーウにて、クリミア・プラットフォーム第1回首脳会談が開催された。同首脳会談には日本を含む45か国が参加し、「クリミア・プラットフォーム宣言」を採択している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-