米国、露占領当局によるクリミア・タタール系住民の大規模拘束を非難

米国、露占領当局によるクリミア・タタール系住民の大規模拘束を非難

ウクルインフォルム
在ウクライナ米国大使館は、3、4日に被占領下クリミアにてロシア占領政権がクリミア・タタール系住民を拘束したことを非難し、同国に対して全てのウクライナ国民の解放を要請した。

在ウクライナ米国大使館がツイッター・アカウントにコメントを掲載した

米国大使館は、「私たちは、昨日のロシア連邦保安庁によるナリマン・ジェリャル氏やその他のクリミア・タタール人活動家の逮捕を非難する」と書かれている。

加えて大使館は、ロシアは同国が拘束する全ての活動家、全てのウクライナの政治囚を速やかに解放し、また『ウクライナにおける政治的迫害』を停止しなければならないと強調している。

これに先立ち、3、4日、被占領下ウクライナ領クリミアにて、ロシア占領機関当局が複数の先住民クリミア・タタール系住民の自宅で家宅捜索を行い、ナリマン・ジェリャル「メジュリス」副代表はじめ、計5名を拘束していた

さらに、同5名のクリミア・タタール系住民の所在を把握しようと集まっていた住民40名強も露連邦保安庁(FSB)建物近くにて治安機関職員に拘束されている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-