ゼレンシキー大統領、二重国籍支持するも、露の占領により「複雑な問題」

ゼレンシキー大統領、二重国籍支持するも、露の占領により「複雑な問題」

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は2日、ウクライナ国民が二重国籍を取れるようにすることを基本的には支持しているが、現状ではそれは「複雑な問題」だと指摘した。

ゼレンシキー大統領がスタンフォード大学での学生・教師との質疑応答の際に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

大統領は、「ええ、私は二重国籍を支持している。米国国籍を失わずにウクライナ国籍を取れるようにすることをだ」と発言し、現在ウクライナ最高会議(国会)が本件を研究しているところだと伝えた。

また大統領は、平和な時であれば、二重国籍は何の問題にもならなかったであろうし、ウクライナ・ディアスポラは世界中におり、二重国籍適用が彼らを団結させられるであろうと指摘した。

同時に、大統領は、ロシアがクリミアでは過去20年間かけてロシア国籍をばら撒いてきたこと、ドンバス一部被占領地でも占領開始後に約60万の国籍をばらまいていることから、本件は「複雑な問題」となっていると指摘した。

大統領はさらに、一部の国民は他国の国籍を「あまり素敵ではない意図を持って」取得しているとも発言した。

その上で、大統領は、「個別アプローチ、具体的なグループ、具体的な国、具体的なコミュニティに適応させたアプローチ」が必要だと説明した。

なお、ゼレンシキー大統領は現在米国を訪問している。1日には、バイデン米大統領と会談。その後、大統領訪問団はカリフォルニア州へ移動した。訪米は5日まで続く。

2日、ゼレンシキー大統領は、米スタンフォード大学で演説を行った。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-