ゼレンシキー大統領夫妻、米国のホロドモール犠牲者追悼碑を訪問

ゼレンシキー大統領夫妻、米国のホロドモール犠牲者追悼碑を訪問

写真
ウクルインフォルム
訪米中のゼレンシキー大統領は8月31日、オレーナ夫人とともに、ワシントンにある1932〜33年のウクライナにおけるホロドモール(人為的大規模飢餓)犠牲者追悼碑を訪れた。

大統領府広報室が伝えた

発表には、大統領は追悼碑にて飢餓犠牲者追悼のための麦などの食料からなる象徴的供物を捧げた。

大統領は、「この追悼碑は、米国の人々とウクライナの人々の連帯を示す重要な象徴であり、私たちの民、人類全体の歴史における最も恐ろしい悲劇の一つを換気するものだ」と指摘した。

なお、ワシントンのホロドモール犠牲者追悼碑は2015年11月に設置されている。

なお、ゼレンシキー大統領は現在米国を訪問している。9月1日には、バイデン米大統領との会談が行われる。大統領の訪米は、9月5日まで続く予定となっている。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-