ゼレンシキー大統領「露のガスは世界で最も汚れている」 米エネルギー長官と会談

ゼレンシキー大統領「露のガスは世界で最も汚れている」 米エネルギー長官と会談

ウクルインフォルム
訪米中のゼレンシキー大統領は8月31日、米国のグランホルム・エネルギー長官と会談し、独露間ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」の脅威につき協議した。

ウクライナ大統領府広報室が伝えた

発表によれば、両者は、ウクライナと地域のエネルギー安全保障の喫緊の問題につき協議を行い、ノルド・ストリーム2によるウクライナの安全保障、欧州のエネルギー安全保障にとっての脅威に関して詳細な意見交換を行った。その際、両者は、ウクライナと米国の間で同プロジェクトによるリスクに関してアプローチの共通性を指摘した。

ゼレンシキー大統領は、「ロシアのガスは、採掘と輸送の過程で相当量のメタンを排出するし、また汚職、脅迫、印象操作が行われることから、世界で最も汚れたガスである」と発言した。

大統領はその上で、ロシアがガスを武器として利用することを効果的に防ぐ手段の創出が重要だと強調した。

同文脈で大統領は、ウクライナのガス輸送維持と欧州のエネルギー安全保障を扱うウクライナ、ドイツ、米国の定期的な3者協議フォーマットのできるだけ早い時期の開始が重要だと指摘した。

両者は、ウクライナと米国のエネルギー、気候変動対策、グリーンエネルギーへの移行の手段といった分野での協力活性化の手段を詳細に協議した。

大統領は、「私たちは、エネルギー分野の改革と脱石炭の道を自覚的に選択した」と発言した。また、大統領は、米国がウクライナのこの野心的計画に関わることで、新しい質の両国パートナーシップを築くための可能性が生まれると指摘した。

また、原子力エネルギー分野の協力、ウクライナの原子力発電所の追加原子炉建設、小型モジュール炉の利用のプロジェクト実現に注意が向けられた。

大統領は、ウクライナと米国がエネルギーと機構の分野の戦略的対話を開始することで、両国協力がさらに活性化し、相互イニシアティブ・プロジェクトの実現を促進するだろうとの確信を表明した。

その他ゼレンシキー大統領は、グランホルム・エネルギー長官に対して、クリミア・プラットフォーム首脳会談への参加と、米国によるウクライナの主権・領土一体性回復支持につき謝意を伝えた。

なお、ゼレンシキー大統領は現在米国を訪問している。9月1日には、バイデン米大統領との会談が行われる。大統領の訪米は、9月5日まで続く予定となっている。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-