ハーベック独緑の党共同党首、ウクライナのNATO加盟展望は「未決着の問題」

ハーベック独緑の党共同党首、ウクライナのNATO加盟展望は「未決着の問題」

ウクルインフォルム
ドイツの緑の党のロベルト・ハーベック共同党首は、ウクライナによる北大西洋条約機構(NATO)加盟展望は未決着の問題(開かれた問題)だと指摘した。

ウクライナを訪問しているハーベック緑の党共同代表に同行するドイツのフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙とドイチュランドフンク(公共放送)が報じた

ハーベック氏は、ウクライナのNATO加盟展望の問題を開かれたままにすることと、ウクライナに防衛用兵器を供与することを支持していると発言した。

同氏は、ウクライナが防衛用兵器の供与を求めることは根拠のあることであると述べ、侵略を受けている国に対して、自衛目的の支援を拒否してはならないと発言した。

また同氏は、NATO内にはウクライナの加盟に関してコンセンサスがないことを認めつつ、他方で、2008年のブカレストNATO首脳会談の際にウクライナによるNATOへの将来の加盟の展望を認めたことについて、「本件を議題から外すべきではない」との見方を示した。

写真:www.faz.net / Jens Gyarmaty 


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-