米国務省、33の新規対露制裁者のリストを発表

米国務省、33の新規対露制裁者のリストを発表

ウクルインフォルム
20日、アメリカ国務省は、アメリカ政府が「アメリカの敵対者に対する制裁措置法(CAATSA)」にのっとって適用した33の個人・法人に対する新たな対露制裁のリストを公表した。

ヘザー・ノーアート国務省報道官によりリストが公式に発表された。

リストは、二つに分かれており、一つ目がロシアの防衛分野に関するもので、以下が対象となっている。

-民間軍事会社ワグナー

-公共株式会社「オボロンロギスチカ」

-コムソモルスク・ナ・アムール航空製造機構(KNAAPO)

二つ目は、ロシアの諜報分野に関係するもので、含まれる対象も多く、計30の組織名、人名が含まれている。

・組織

-インターネット分析エージェントLLC(サンクトペテルブルクの「トロール工場」として知られる)

-コンコルド・マネッジメント&コンサルティングLLC

-コンコルド・ケイタリング

・個人

-エウゲーニー・プリゴジン(「プーチンの料理人」と呼ばれるロシアの富豪)Yevgeniy Viktorovich Prigozhin

-イーゴリ・コロボフ(ロシア軍参謀本部総局(GRU)局長)(Igor Valentinovich Korobov)

-セルゲイ・ギズノフ(GRU副局長)(Sergey Aleksandrovich Gizunov)

-ミハイル・ブイストロフ(Mikhail Ivanovich Bystrov)

-ミハイル・ブルチク(Mikhail Leonidovich Burchik)

-アレクサンドラ・クリロワ(Aleksandra Yuryevna Krylova)

-アンナ・ボガチョワ(Anna Vladislavovna Bogacheva)

-セルゲイ・ポロゾフ(Sergey Pavlovich Polozov)

-マリヤ・ボフダ(Maria Anatolyevna Bovda)

-ロベルト・ボフダ(Robert Sergeyevich Bovda)

-ジェイフン・アスラノフ(Dzheykhun Nasimi Ogly Aslanov)

-ワディム・ポドコラエフ(Vadim Vladimirovich Podkopaev)

-グレブ・ワシリチェンコ(Gleb Igorevich Vasilchenko)

-イリーナ・カヴェルジナ(Irina Viktorovna Kaverzina)

-ウラジーミル・ヴェンコフ(Vladimir Venkov)

-ヴィクトル・ネティクショ(Viktor Borisovich Netyksho)

-ボリス・アントノフ(Boris Alekseyevich Antonov)

-ドミトリー・バディン(Dmitriy Sergeyevich Badin)

-イワン・エルマコフ(Ivan Sergeyevich Yermakov)

-アレクセイ・ルカシェフ(Aleksey Viktorovich Lukashev)

-セルゲイ・モルガチョフ(Sergey Aleksandrovich Morgachev)

-ニコライ・コザチェク(Nikolay Yuryevich Kozachek)

-パヴェル・エルショフ(Pavel Vyacheslavovich Yershov)

-アルテム・マリシェフ(Artem Andreyevich Malyshev)

-アレクサンドル・オサドチューク(Aleksandr Vladimirovich Osadchuk)

-アレクセイ・ポチョムキン(Aleksey Aleksandrovich Potemkin)

-アナトリー・コヴァリョフ(Anatoliy Sergeyevich Kovalev)

すでにウクルインフォルムが報じたように、アメリカ国務省は、同日、ロシアの33の個人・法人に対する追加制裁と、対露制裁下にあるロシア国営武器輸出企業「ロスオボロンエクスポルト」と協力する中国の組織「機材開発局(Equipment Development Department、EDD)」とその局長に対する制裁を発表していた。

その際、アメリカ国務省は、「引き続き、積極的にCAATSAを実現していくともに、すべての国にロシアの防衛・諜報部門との関係を停止するよう要請する。これら部門は、全世界で犯罪活動に関わっている」と指摘していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-