戦争

ウクライナの難民数、約200万人に=国連機関

ウクライナの難民数、約200万人に=国連機関

8日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のグランディ代表は、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の開始からこれまでにすでに約200万人が戦争から逃れてウクライナを出国したと発表した。

ウクライナ首都キーウ、昨夜は平穏=行政府

ウクライナ首都キーウ、昨夜は平穏=行政府

7日から8日にかけての夜間、ウクライナ首都キーウ(キエフ)は平穏だった。同市では、8日、店や薬局が営業し、通信も機能し、公共インフラや医療機関も全て稼働している。

2022年3月7日

国際裁判所の公聴会にロシアが不在でも裁判は進む=ウクライナ代表

国際裁判所の公聴会にロシアが不在でも裁判は進む=ウクライナ代表

7日、オランダ・ハーグに位置する国際司法裁判所(ICJ)にて、ウクライナの提訴を受けて、ロシアによるジェノサイド条約に基づくウクライナ対ロシアの公聴会が始まった。ウクライナ代表は、ICJがロシアに対して、ウクライナ領における軍事行動の停止を義務付けることを求めている。

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}