憲法裁判所、「脱共産主義法」と「教育法」を合憲と判決=内部情報

憲法裁判所、「脱共産主義法」と「教育法」を合憲と判決=内部情報

ウクルインフォルム
ウクルインフォルムは、憲法裁判所が「ウクライナにおける共産主義・国家社会主義の全体主義体制への糾弾及びこれら思想のシンボルによるプロパガンダの禁止法」(通称「脱共産主義法」)と「教育法」の合憲性を認めたとの内部情報を得た。

16日、憲法裁判所にて関連決定が採択されたとのこと。憲法裁判所内での状況に詳しい関係者がウクルインフォルムに伝えた。

同人物は、「憲法裁判所は、脱共産主義法の合憲性を認めた」、また「憲法裁判所は、教育法の合憲性を認めた」と発言した。

これに先立ち、最高会議は、2015年4月、政府提出の「「ウクライナにおける共産主義・国家社会主義の全体主義体制への糾弾及びこれら思想のシンボルによるプロパガンダの禁止法」案を採択している。同法により、国家社会主義(ナチズム)、共産主義の印・シンボル、これらイデオロギーの団体の活動はウクライナでは禁止されている。

教育法は、2017年9月28日に発効したもの。同法の言語に関する箇所によれば、教育機関における教育言語はウクライナ語となるが、複数科目を2言語以上で教育することを認めている。民族マイノリティーに属する者に関しては、幼児教育と初等教育の期間の個別授業において、ウクライナ語以外に母語での教育を受ける権利が保証されている。

ハンガリー政府がこの教育法を批判しており、とりわけ、同政府は、同教育法採択を根拠に、ウクライナ・NATO委員会の開催を妨害している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-