武装集団、4つの自治体でOSCE監視団のアクセスを不許可

武装集団、4つの自治体でOSCE監視団のアクセスを不許可

ウクルインフォルム
武装集団は、欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)による、被占領地における停戦維持・重火器撤収の監視活動を妨害し続けている。

16日、統一部隊作戦広報室が発表した。

発表には、「OSCE・SMMの報告書では、占領者は、監視を行うSMM要員に対して以下の地区へのアクセスを与えなかった:ザイチェンコ、サハンカ、ノヴォアゾウシク、レオノヴェ。また、ドネツィク空港地域、ノヴォラスパでは、SMMの無人飛行機(UAV)がロシア軍の電子戦機器でのジャミングを受けた」とある。

また、15日、共同管理調整センター(JCCC)ウクライナ側が、SMMと共同で、アウジーウカ市において、民間住宅の屋根の修理業務とドネツク浄水場機能の補償のための調整と同行を行ったことが指摘された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-