ウクライナ、コロナワクチンの希望者全員の2回目ブースター接種開始

ウクライナ、コロナワクチンの希望者全員の2回目ブースター接種開始

ウクルインフォルム
ウクライナの保健省は19日、コロナワクチンにつき、希望者全員への2回目ブースター接種を認め、また5〜11歳の児童の接種も許可する指示を出したと発表した。

保健省がクジン保健次官の発言を公表した

クジン氏は、「COVID-19による入院と死亡からできるだけ多くの人が身を守れるように、私たちは、全ての希望者への2回目接種(編集注:2回目ブースター接種の意)を認める。しかし、特に基礎疾患がある人、60歳以上の人に特に接種を勧める」と発言した。

また同氏は、2回目ブースター接種は、1回目ブースター接種から4か月以上の期間の空いた成人全員に許可され、(ブースター前の)2回目接種の場合は5か月以上経過してから接種が許可されると説明した。

さらに、同氏は、新たなワクチン接種スキームが確定されたと述べ、コミナルティ(ファイザー社)やモデルナを接種した人が、ブースター接種の際にシノバック社開発のコロナヴァクを使うことが認められると伝えた。また、5〜11歳の児童の接種は、親ないしは保護者の同意の下でコミナルティによるワクチン接種が認められることになった(以前は、12歳以上の児童のみが認められていた)。

保健省は、現在ウクライナ国内では、コロナヴァクが約500万回分、コミナルティが約400万回分、ヤンセン(ジョンソン&ジョンソン)が約3万回分あると伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-