ウクライナ独立記念日にロシアが占領するマリウポリでも宇国旗掲揚

ウクライナ独立記念日にロシアが占領するマリウポリでも宇国旗掲揚

動画
ウクルインフォルム
ウクライナ国防省情報総局は、8月24日のウクライナ独立記念日で、ロシアが制圧したマリウポリなど複数の地域でウクライナ国旗が掲揚されたことを報告した。

情報総局がフェイスブック・アカウントで伝えた

発表には、「2022年8月24日に、マリウポリに掲げられたウクライナ国旗のユニークな動画だ。抵抗運動は、私たちの大地のできるだけ早い解放のために疲れを知らずに闘いを行っているし、それはウクライナがそこに存在すること、私たちがそばにいること、もうすぐ全ての私たちの大地を解放することを一人一人のウクライナ人がそこで感じるためでもある」と書かれている。

また、情報総局は、ヘルソン州、ハルキウ州、ドネツィク州、ルハンシク州、クリミアからも抵抗運動の人々が独立記念日のお祝いのメッセージを伝えたと指摘した。

マリウポリ市長顧問のアンドリュシチェンコ氏もまた、テレグラム・チャンネルにて、マリウポリ地区ニコリシケ村にて、8月24日にウクライナ国旗が掲げられたと報告した

アンドリュシチェンコ氏は、「マリウポリの抵抗。マリウポリ地区ニコリシケ村、今日のことだ。マリウポリの抵抗グループは、占領地からウクライナ人を祝い、占領者に対して、マリウポリ市もマリウポリ地区もウクライナであることを思い出させたのだ」と発言した。

なお、ニコリシケ村では、ロシア軍が住民の選別を行う「濾過キャンプ」を設置したことが知られている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-