ウクライナでは5人に1人の女性が家庭内暴力のリスクを受けている=オレーナ宇大統領夫人

ウクライナでは5人に1人の女性が家庭内暴力のリスクを受けている=オレーナ宇大統領夫人

写真
ウクルインフォルム
ウクライナのオレーナ・ゼレンシカ大統領夫人は3日、ウクライナでは5人に1人の女性が家庭内暴力(DV)のリスクを受けており、その内3分の1のみが自身の受けた問題について話していると発言した。

オレーナ夫人が家庭内暴力対策用のスマホアプリの発表会でのスピーチの際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

オレーナ夫人は、「5人に1人の女性が家庭内暴力のリスクを受けているのだが、その内の3分の1のみがそのことについて話しているのだ」と発言した。

写真:ヘンナジー・ミンチェンコ/ウクルインフォルム

オレーナ氏は、暴力と残虐性はどんな条件下においても一切の正当化はできないとし、「私たちは、暴力については、それがどのようなものであれ、どのような形であれ、耐え忍ぶことは決してない」と強調した。

同氏はまた、暴力に対しては、その被害と闘うよりも、あらかじめ警告する方が良いと述べた。

その他、同イベントにて、モナスティルシキー内務相は、ロシアにおいては暴力の現象はノルマとなってしまっているが、ウクライナにおいてそれを当たり前のことにしては絶対にならないと発言した。

モナスティルシキー氏は、「それは、私たちと敵との文明面での違いでなければならないのだ。それ(DVとの闘い)は、私たちの原則的立場であり、発展させ続けなければならないものだ」と指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-