キーウ大学、ベラルーシのルカシェンコ氏から名誉博士称号を剥奪

キーウ大学、ベラルーシのルカシェンコ氏から名誉博士称号を剥奪

ウクルインフォルム
タラス・シェウチェンコ記念キーウ(キエフ)国立大学学術評議会は、7日の会合にて、ベラルーシの自称大統領アレクサンドル・ルカシェンコ氏に付与されていた同大学名誉博士の称号を剥奪した。

キーウ国立大学がウェブサイト上で発表した

発表には、「学術評議会は、会議において、アレクサンドル・ルカシェンコ氏の『タラス・シェウチェンコ記念キーウ国立大学名誉博士』の称号剥奪問題を審議した歴史記憶委員会と人道委員会の決定を聞いた上で、2009年11月5日にアレクサンドル・ルカシェンコ氏に付与された名誉博士の称号の剥奪に関し、大学学術評議会により提起することを決定した。(中略)学術評議会は、55票で同決定を支持し、アレクサンドル・ルカシェンコ氏からラス・シェウチェンコ記念キーウ国立大学名誉博士称号を剥奪した」と書かれている。

今回の称号剥奪の根拠としては、ルカシェンコ氏が過去2年にわたり、野党勢力に対して大規模な粛清を展開してきたこと、多くの自国民に対して拷問を行っていること、「空のテロリズム」を実施していること(編集注:5月23日のベラルーシ当局によるライアンエアー社旅客機のミンスクへの強制着陸事件を指す)、ウクライナに対して侮辱的な発言を繰り返していることが挙げられている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-