キーウでベラルーシ政権拘束の反体制派記者を応援する集会開催

キーウでベラルーシ政権拘束の反体制派記者を応援する集会開催

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ首都キーウ(キエフ)にて23日、同日ベラルーシ当局に拘束された反体制派ニュースサイト「NEXTA(ネフタ)」創設者のロマン・プロタセヴィチ(ラマン・プラタセヴィチ)氏を応援する集会が開催された。

集会はウクライナ外務省前にて開催された。参加者は約100名で、ベラルーシの白赤白の旧国旗の旗などを手にしていた。ウクルウインフォルムの記者が伝えた。

参加者は、プロタセヴィチ氏の即時解放を要求していた他、「ベラルーシ万歳」「ベラルーシよ永遠に」「ルカシェンコ政権よ、恥を知れ」などとシュプレヒコールを上げた。また、「テロリズムを無視することを止めよ」「記者と人道に対する犯罪に国境はない」といったウクライナ外務省に対するメッセージの書かれたプラカードも掲げられていた。

写真:アナトリー・シリク/ウクルインフォルム

また参加者は、外務省前で集会を開催した理由として、同省が他国と直接コンタクトを取る機関であり、またベラルーシとの経済協力問題に関しても影響力を持っているからだと説明した。その上で、プロタセヴィチ氏拘束を受けて、ウクライナ政権が国際レベルでルカシェンコ体制への反対を表明することへの期待するとし、具体的には、ベラルーシの電力購入の停止を止めるべきだと主張した。

これに先立ち、23日、ベラルーシの航空管制当局がアテネ〜ビルニュス間を飛行していたライアンエアー社旅客機に対して、機内に爆弾が仕掛けられているおそれがあると警告した上で、同機をミンスクに緊急着陸させた。機内に爆弾は見つからなかったが、治安当局が同機に乗っていたロマン・プロタセヴィチ(ラマン・プラタセヴィチ)他複数の人物を拘束していた。プロタセヴィチ氏は、ベラルーシの反体制派ニュースチャンネル「NEXTA(ネフタ)」の創設者。

ウクライナ外務省のオレフ・ニコレンコ外務報道官は、23日にベラルーシ当局がミンスクの空港にライアンエアー旅客機を緊急着陸させた上で、反体制派メディアの創設者のロマン・プロタセヴィチ(ラマン・プラタセヴィチ)記者を拘束した事件につき、ベラルーシ政権による表現の自由への攻撃であると批判し、同氏の即時解放を要求した


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-