詩人レーシャ・ウクラインカ生誕150周年 大使館、日本語とウクライナ語での詩の朗読動画公開

詩人レーシャ・ウクラインカ生誕150周年 大使館、日本語とウクライナ語での詩の朗読動画公開

動画
ウクルインフォルム
2月25日は、ウクライナでは、国民的詩人レーシャ・ウクラインカの生誕150周年が祝われている。

セルギー・コルスンスキー駐日ウクライナ大使は、フェイスブック・アカウントにて、生誕150周年を記念誌、レーシャ・ウクラインカの詩をウクライナの外交官が日本語で、日本のウクライナ研究者等がウクライナ語で読み上げる動画を公開した

なお、レーシャ・ウクラインカ(1871〜1913)は、ウクライナ文学史に最も貢献した人物の一人。詩の他に、戯曲や国外の作品の翻訳など様々な執筆活動を行なった。

レーシャ・ウクラインカ(本名:ラリサ・コサチュ)は、1871年2月25日、ノヴォフラド・ヴォリンシキーにて生まれた。コサチュ家には作家、芸術家、音楽家などが集まり、芸術の晩餐や、ホームコンサートなどが開かれていた。

ウクラインカの初の作品は、彼女が9歳の時に書いた『希望(ナジーヤ)』。これは、叔母が逮捕され、シベリア送りにされたことの印象を元に書いた作品であった。13歳の時にはすでに「レーシャ・ウクラインカ」の作家名にて、リヴィウにて雑誌『ゾーリャ(星)』にて二編の詩『スズラン(コンヴァリヤ)』『サフォ』を発表している。

ウクラインカは、幼少期に結核にかかり、生涯闘病生活を送っている。このためウクラインカは学校に通うことができなかったが、母やミハイロ・ドラホマノウ(政治理論家・歴史家・哲学者)の支えを受けながら、勉学を続け、11の言語や、国内外の文学、歴史、哲学を学んだ。

彼女は、その作品の世界観から、ロシア帝国の警察による監視を受け続け、作品は検閲を受け、何度も出版が禁じられた。そのため、彼女の作品の大半は、ロシア帝国外のベルリン、ドレスデン、プラハ、ウィーンにて発表されている。

レーシャ・ウクラインカは、晩年を夫のクリメント・クヴィトカとともに、ジョージアとエジプトで伝承を集めながら過ごしている。

代表作は、ウクライナの多神教の神話をモチーフにした人間の男性と異界の女性の愛を描いた戯曲『森の詩(リソヴァ・ピースニャ)』(1911)。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-