ベラルーシのアーティストによる抗議ポスター展、キーウで開催

ベラルーシのアーティストによる抗議ポスター展、キーウで開催

写真
ウクルインフォルム
24日、キーウ(キエフ)市内のギャラリー「ビーリー・スヴィート(白い世界)」にて、ベラルーシのアーティストで、反政権団体「調整評議会」に参加するウラジーミル・ツェシレルさんの抗議ポスター展が始まった。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ギャラリーのクリエイティブ・ディレクターを務めるウラディスラウ・クリショウシキーさんは、「この作品は、作家がソーシャルネットワーク上に掲載していたものだ。彼は、このようにしてプロのポスター作家、アーティストとして自らの考えを表明してきたのだ。彼は自分の国(ベラルーシ)を去ることになった。なぜなら、そこでは彼に問題が生じる可能性があったからだ」と説明した。

ツェシレルさんの作品は、現在のベラルーシで起きている出来事に関する、自身の抗議の視点を示すものとなっている。

写真:オレーナ・フジャコヴァ/ウクルインフォルム

クリショウシキーさんは、同作品展ではツェシレルさんのポスターの購入が可能で、売り上げはベラルーシの社会問題解決の活動を行う慈善団体「イメナ」に送られると説明した。

9月26日まで開催。入場無料。会場は、ギャラリー「ビーリー・スヴィート(Білий Світ)」(キーウ市プーシキンシカ通り21)。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-