ウクライナ正教会首座主教、東部戦死者「追悼の壁」を成聖

ウクライナ正教会首座主教、東部戦死者「追悼の壁」を成聖

写真
ウクルインフォルム
エピファニー・ウクライナ正教会首座主教(キーウ(キエフ)と全ウクライナ府主教)は、「ウクライナのために亡くなった人々の追悼の壁」を成聖した。

20日、エピファニー首座主教がフェイスブック・アカウントにて報告した

エピファニー氏は、「宣戦布告なきロシア・ウクライナ戦争がこの壁へと私たちの戦士の名を加え続けている。私たちは、この壁へ新たにウクライナの戦士の写真を載せなくても済む日が来るのを待っている。そして私たちの義務は、倒れた人々の大きな犠牲の記憶を保てるよう、あらゆることを行うことにある」と発言した。

同氏はまた、「追悼の壁」には、この壁は親しい人々の愛のために行動した人が刻まれているのであり、一人一人のウクライナ人にとっての特別な場所なのだと指摘し、亡くなったウクライナの防衛者たちの行動を記憶するよう呼びかけた。

Стіна пам’яті – особливе місце для кожного українця. Біля неї ми молимось за упокій наших новітніх героїв, бойові...

Опубліковано Митрополит Епіфаній Четвер, 20 серпня 2020 р.

なお、「ウクライナのために亡くなった人々の追憶の壁」は、キーウ市内のトリョフスヴャティテリシカ通り、ミハイリウシカ広場近くの聖ミハイル黄金ドーム修道院の壁の一部に設置されている。この壁には、ロシア・ウクライナ戦争にて亡くなったウクライナの志願兵、軍人、治安機関職員の写真が短い紹介とともに掲載されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-