【写真ルポ】ウクライナ全国の防疫措置期間の様子 

【写真ルポ】ウクライナ全国の防疫措置期間の様子 

更新
ウクルインフォルム
新型コロナウイルス感染(Covid-19)が世界的広がりを見せていることから、ウクライナでは今、他の多くの国同様、厳しい防疫措置が施行されている。

ウクルインフォルムのカメラマンたちは、Covid-19拡散防止のための制限を受ける全国の街がどのように変化しているかを写真におさめている。

公共交通機関の運行停止、遊具の利用禁止、空っぽのバスターミナルや鉄道駅、消毒される通り、買い漁られる食料品店、入店制限のかかる薬局への行列、マスクをする通行人、ウクライナの街々がこのような新しい姿を見せている。

4月1日

イェウヘン・コテンコ
イェウヘン・コテンコ

キーウ(キエフ)市は食料品市場を当面再開しないことを決定。

ユーリー・ゾズーリャ
ユーリー・ゾズーリャ

公園は閉鎖。オデーサ。

3月31日

マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

リヴィウ市にてトロリーバス運転手150名、バス運転手100名に対して、新型コロナウイルス感染スピード検査を実施。3名から陽性反応が検出された。

ユリヤ・オウシャンニコヴァ
ユリヤ・オウシャンニコヴァ

外出しない人が増えたことで、食事出前代行業が人気に。キーウ。

ユリヤ・オウシャンニコヴァ
セルヒー・フダク

通りに出て運動する人も。ウジホロド。

セルヒー・フダク
セルヒー・フダク

ウジホロド市

セルヒー・フダク
セルヒー・フダク

社会的距離を取りながらの犬の散歩。ウジホロド。

ヘンナジー・ミンチェンコ
ヘンナジー・ミンチェンコ

キーウ市のマンション共同使用部分を消毒する女性。

3月30日

パウロ・バフムート
パウロ・バフムート

バリとカタールから帰国したウクライナ国民は、ホテル「コザツィキー」にて一定期間監視に置かれる。

ヘンナジー・ミンチェンコ
ヘンナジー・ミンチェンコ

キーウ市

ミコラ・ムヤクシコウ
ミコラ・ムヤクシコウ

ドニプロ市

オレクシー・コヴァリョウ
オレクシー・コヴァリョウ

防疫期間にも春は来る。シェヴェロドネツィク。

イェウヘン・コテンコ
イェウヘン・コテンコ

キーウ市

3月29日

ヘンナジー・ミンチェンコ
ヘンナジー・ミンチェンコ

キーウ。春の開花により防疫措置ルールを破り外出する人も。

ヘンナジー・ミンチェンコ
ヘンナジー・ミンチェンコ

防疫期間の移動手段。キーウ。

セルヒー・プストスヴィト
セルヒー・プストスヴィト

ポルタヴァ市

ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー

ハルキウ市

3月28日

ユーリー・ゾズーリャ
ユーリー・ゾズーリャ

オデーサ市

ユーリー・ゾズーリャ
ユーリー・ゾズーリャ

オデーサ市

ユーリー・ゾズーリャ
ユーリー・ゾズーリャ

オデーサ市

ユーリー・ゾズーリャ
ユーリー・ゾズーリャ

「部屋から出るな。過ちを犯すな。」オデーサ市。

3月27日

イェウヘン・コテンコ
イェウヘン・コテンコ

キーウ市

イェウヘン・コテンコ
イェウヘン・コテンコ

防疫期間の娯楽。キーウ。

 
イェウヘン・コテンコ

キーウ市

オリハ・ズヴォナリョヴァ

オリハ・ズヴォナリョヴァ

ザポリッジャ市

ドミトロー・スモリイェンコ

ドミトロー・スモリイェンコ

ザポリッジャ市も消毒中

ユリヤ・オウシャンニコヴァ
ユリヤ・オウシャンニコヴァ

キーウ

3月26日

ユーリー・ゾズーリャ
ユーリー・ゾズーリャ

有名なオデーサのザポロジェツ車「ルイージ」も防疫中。

ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー

ハルキウ市、多子家族連合「アンマ」、児童関連施設のために自家製マスクを制作。

ユリヤ・オウシャンニコヴァ
ユリヤ・オウシャンニコヴァ

運動する人々。キーウ。

ユリヤ・オウシャンニコヴァ
ユリヤ・オウシャンニコヴァ

人のいない独立広場。キーウ。

セルヒー・フダク
セルヒー・フダク

ベンチの消毒。ウジホロド。

セルヒー・フダク
セルヒー・フダク

マスクを頭にする人。ウジホロド。

ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー

ハルキウ市

3月25日

ユリヤ・オウシャンニコヴァ
ユリヤ・オウシャンニコヴァ

キーウ市内のスーパーの様子。

ミコラ・ムヤクシコウ

ミコラ・ムヤクシコウ

検疫措置実施期間のため、屋外で実施されたドニプロ市議会会合。

3月24日

マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

医療従事者用の衣服を縫製する人々。リヴィウ縫製工場。

マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

医療用マスクの製造の様子。リヴィウ。

イェウヘン・コテンコ

イェウヘン・コテンコ

キーウ市

ユリヤ・オウシャンニコヴァ

ユリヤ・オウシャンニコヴァ

飲食店は、出前による食事提供のみ認められている。キーウ。

ミコラ・ムヤクシコウ

ミコラ・ムヤクシコウ

ドニプロ市の消毒の様子。

セルヒー・フダク

セルヒー・フダク

ウジホロド市の消毒の様子。

マルキヤン・リセイコ

マルキヤン・リセイコ

中国から届いた新型コロナウイルス感染スピード検査キット。リヴィウ。

セルヒー・フダク

セルヒー・フダク
 

ウジホロド市

ヘンナジー・ミンチェンコ
ヘンナジー・ミンチェンコ

キーウ市

3月23日

マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

ウクライナ全土にスピード検査キット、防護服、マスクなどが配送された。

ヘンナジー・ミンチェンコ

ヘンナジー・ミンチェンコ

キーウ(キエフ)市議会は、感染状況改善まで児童用遊具・スポーツ器具の仕様を禁じた。

ヘンナジー・ミンチェンコ
ヘンナジー・ミンチェンコ

クリチコ市長は、制限に違反する者には罰金を科すと述べている。

ヘンナジー・ミンチェンコ
ヘンナジー・ミンチェンコ

キーウ市

ヘンナジー・ミンチェンコ
ヘンナジー・ミンチェンコ

3月23日から、キーウ市内の公共交通機関は、医療従事者、救助隊員、治安機関職員、公共サービス従事者、食料品店・薬局勤務者のみしか利用できない。
 

パウロ・バフムート
パウロ・バフムート

同制限導入日に、22万5000枚の特別乗車券が配布された。

3月22日

マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

リヴィウ市の教会内に設置された手指消毒剤。

マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

リヴィウ市中心部には人の姿が見られない。

3月21日

ヴォロディーミル・タラソウ
ヴォロディーミル・タラソウ

ポルタヴァ州ルブニ市、市場は閉鎖されている。

3月20日

ヴィクトル・コシュマル
ヴィクトル・コシュマル

薬局前に並ぶ人々。チェルニヒウ市。

マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

公共サービス従事者がリーノク市場に消毒を撒いている。リヴィウ市。

マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

リヴィウ市、ヴィルメンシカ通りの銅像。

マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

パトロールをする警察官。リヴィウ市。

3月19日

ヴィクトル・コシュマル
ヴィクトル・コシュマル

チェルニヒウ市

ヴィクトル・コシュマル
ヴィクトル・コシュマル

電車の姿のないチェルニヒウ駅。検疫機関中は閉鎖。

ヴィクトル・コシュマル
ヴィクトル・コシュマル

チェルニヒウ市バスターミナル・プラットホーム。

ヴィクトル・コシュマル
ヴィクトル・コシュマル
マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

リヴィウ市駅も4月3日まで閉鎖。

マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

3月18日

セルヒー・プストヴィト
セルヒー・プストヴィト

ポルタヴァ駅の待合室。

アリョーナ・ニコライェヴィチ
アリョーナ・ニコライェヴィチ
アリョーナ・ニコライェヴィチ
アリョーナ・ニコライェヴィチ

リヴィウ市ハリツィキー市場

ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー

ハルキウ中央駅

ミコラ・ムヤクシコウ
ミコラ・ムヤクシコウ

閉鎖中のドニプロ市地下鉄。

ミコラ・ムヤクシコウ
ミコラ・ムヤクシコウ

ドニプロ市中央鉄道駅の建物。4月3日まで閉鎖。

セルヒー・フダク
セルヒー・フダク

ウジホロド市鉄道駅の待合室。

ユリヤ・オウシャンニコヴァ
ユリヤ・オウシャンニコヴァ

3月18日、キーウ市の目抜き通りであるフレシチャーティク通り。人で溢れかえる普段とは異なる姿を見せている。

イェウヘン・コテンコ
イェウヘン・コテンコ

キーウ市地下鉄も運行停止中。

3月17日

マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

ポーランドとの国境検問地点「シェヒーニ」。利用停止となった107の検問地点の一つ。

ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー

ハルキウ市地下鉄

ユーリー・ゾズーリャ
ユーリー・ゾズーリャ

オデーサ市の飲食店、営業停止中。

セルヒー・フダク
セルヒー・フダク

ウジホロド市

セルヒー・フダク
セルヒー・フダク

ウジホロド市のコリャトヴィチャ広場の市場。

3月16日

ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー

ハルキウ州国境検問地点「ホプチウカ」で運転手の体温を測る国境警備隊員。

ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー

3月14日

マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

リヴィウ市バス停の消毒をする公共サービス従事者。

3月13日

マルキヤン・リセイコ
マルキヤン・リセイコ

検疫措置実施2日目のリヴィウ市内スーパーマーケットの様子。

3月12日

イェウヘン・コテンコ
イェウヘン・コテンコ


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-