ドニプロ市で約100年前のクルーティの戦いの衣服など一部再現

ドニプロ市で約100年前のクルーティの戦いの衣服など一部再現

写真・動画
ウクルインフォルム
南部ドニプロ市にて29日に開催されたクルーティの英雄追悼の日関連行事の際、学生たちがクルーティの戦いの際の衣服などを一部再現したものを披露した。

ドニプロ市議会広報室が伝えた

「クルーティの戦い」とは、1918年1月、ウクライナ人民共和国の中心となるキーウ(キエフ)へ向けて進攻するロシア・ソヴィエト軍に対し、ウクライナ人の学生が中心となり部隊を編成し、数で圧倒的に有利なロシア・ソヴィエト軍とキーウ近郊のクルーティ駅で交戦、ソヴィエト軍の二日間の足止めに成功した戦いを指す。

ドニプロ副市長のエドゥアルド・ピドルブニー氏は、「私たちは、100年以上前にクルーティ近郊にて亡くなった若者たちを追悼している。私たちは、彼らと、現代にウクライナ東部で亡くなった若者たちとの、類似性を指摘している。100年前も今も、彼らは、自分の国を、国の独立を守ったのだ。彼らの勇敢さと英雄性に頭を下げようではないか」と発言した。

行事の際、関税・金融大学付属学校の卒業生たちは、1918年1月29日の戦いの様子を一部再現してみせた。

卒業生の一人のボフダン・ドヤチェンコさんは、「当時、今の私と同じような、16歳の若者、学生、生徒、軍学校の生徒たちが、祖国のために命を捧げたのです。その若いウクライナ人たちが自分たちの大地、人々を守ったのです。私にとって、それは勇敢さと英雄性の模範です」と発言した。

また、同日朝、ドニプロペトロウシク州行政府のホールにて、歴史映画「クルーティ1918」の上映会が行なわれ、多くの若者、軍人、軍学校生徒が視聴していた。

写真・動画:ミコラ・ムヤシコウ/ウクルインフォルム


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-