フィラレート宇正教会名誉総主教、キーウ聖庁の「再生」を一方的に宣言

フィラレート宇正教会名誉総主教、キーウ聖庁の「再生」を一方的に宣言

ウクルインフォルム
ウクライナ正教会が統一・独立する以前の「ウクライナ正教会キーウ聖庁」の総主教を務めていたフィラレート現ウクライナ正教会名誉総主教は、独自の「会議」を開催し、同「会議」がウクライナ正教会キーウ聖庁の解体決定を無効化するとし、同聖庁の活動再開を発表した。

20日、フィラレート名誉総主教が、いわゆる「会議」の終了後の記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

フィラレート氏は、「(2018年)12月15日にコンスタンティノープル総主教庁の会議があり、そこにはキーウ府主教区も加わっていたため、私たちは(ウクライナ正教会独立の文書)『トモス』を得るために、形式的にキーウ聖庁の存在を諦めねばならなかった。今回の会議で、私たちはこのキーウ聖庁の廃止を無効化した」と発言した。

また、フィラレート氏は、今回の「会議」にてキーウ聖庁の存在を確定させたと発言した。

これに対して、同日、ウクライナ正教会は、フィラレート氏が招集したいわゆる「会議」は、意味のないものであり、法的な効力を一切持たないと発表した。同日ウクライナ正教会が声明を発表した。

声明には、「このような集まりは、いかなる場合も『統一会議』とは認められず、彼らの決定ははじめから法的にも教会法的にも無意味であり、法的効力をもたず、履行対象とならない」と強調されている。

ウクライナ正教会は、フィラレート名誉総主教と同日のヴォロディーミル大聖堂に集まった人々に対して、このような行動の悪影響を認識し、教会と民の分断を止めるよう呼びかけた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-