5月9日、対ナチズム勝利記念日、各地で追悼行事が開催 市民間の口論も

5月9日、対ナチズム勝利記念日、各地で追悼行事が開催 市民間の口論も

ウクルインフォルム
9日の「第二次世界大戦の対ナチズム勝利の日」、キーウ(キエフ)市内では、「民主的な斧」、「不死の連隊」など、複数の集会が開催された。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

国家警察や国家警護隊は、異なる集会の参加者を分断して警備に当たった。

「民主的な斧」の参加者たちは、交通大学近くに集まり「不死の連隊」行進が通常用いる戦死者肖像を模した、様々なキャラクターの肖像画を掲げて「民族に栄光を、敵に死を」と叫び、ウクライナの民謡などを歌った。

「民主的な斧」参加者のユーリー・フディメンコさんは、記者に対し、活動家たちは衝突を起こすつもりもないし、警察に抵抗するつもりもないとコメントした。

「不死の連隊」行進の参加者は、約2~3000名。参加者は、無名戦士の墓に向かって進み、「ファシズムは通さない」、「ドンバス、私たちはあなたと共にある」などのスローガンを唱えた。また、この行進に参加する活動家たちは、行進参加者に対し、「共産主義者は退治されよ」、「ソヴィエト連邦は、民族の牢獄だ」などと反論した。

ウクライナ国旗を掲げた愛国主義団体の活動家は、ウクライナ国歌を歌ったり、民族主義的スローガンを唱えたりしていた。これに「不死の連隊」参加者から反ウクライナ的内容のスローガンが唱えられる場面が見られた。

また、「不死の連隊」の運営者の一人であるオレーナ・ベレジュナ氏が、法律で禁止されている黒とオレンジのゲオルギー・リボンを身につけ、スターリンの肖像画を掲げていたことから、警察署に連行された。アンドリー・クリシチェンコ・キーウ警察支部長官は、ベレジュナ氏を含め3名を事情聴取のために連行し、同日中に解放したとウクルインフォルムの記者に伝えた。

なお、同日、ヤロスラウ・トラカロ国家警察報道官は、記者会見時、5月9日にウクライナ全土で関連行事に関係して確認された違法行為は33件であったと発表した。

トラカロ報道官は、キーウ市・キーウ州で6件、ドニプロペトロウシク州で7件、ミコライウで5件、オデーサで3件であり、全体のうち13件が違法となっているゲオルギー・リボンの使用、15件が他の禁止されているシンボルの使用であったと伝えた。

各地の戦勝記念日関連行事の様子は以下のとおり。

オデーサの様子

ハルキウの様子

ドニプロの様子

マリウポリの様子

リヴィウの様子


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-