ダニエル大主教:モスクワ聖庁聖職者はウクライナ正教会に移籍する準備があるが、罰されることを恐れている

ダニエル大主教:モスクワ聖庁聖職者はウクライナ正教会に移籍する準備があるが、罰されることを恐れている

50
ウクルインフォルム
ウクライナ正教会におけるコンスタンティノープル総主教代理(エクザルフ)であるダニエル大主教(米国)は、モスクワ聖庁の聖職者18名と会談した。同大主教は、これら聖職者はウクライナ正教会に加わる準備があるが、罰され、制裁を受けることを恐れていると考えている。

ダニエル大主教(米国)が、BBCウクライナ語版へのインタビューにて発言した。

大主教は、「彼ら(編集注:18名のモスクワ聖庁聖職者)の半数以上が、現在、新しいウクライナ独立正教会に加わるための行動を取る準備があると、私は思っています。彼らの最大の注意は、その(移籍をした)場合、どうなるか?ということでした。どのような罰や制裁が、彼らに科されるのか?(モスクワ聖庁から新設のウクライナ正教会へ移籍した)シメオンやオレクサンドルに起こったことを、彼らは恐れていました(編集注:モスクワ聖庁の聖職者であったシメオンとオレクサンドルは、昨年12月15日の統一会議に出席し、新設のウクライナ正教会に加わったが、これを受けモスクワ聖庁はこの2名が典礼を行うことを禁止すると発表した)」と述べた。

ダニエル大主教は、コンスタンティノープル総主教庁が移籍するモスクワ聖庁聖職者を保護する、教会上の制裁もないと保証しても、聖職者は現在のプロセスが最終的にどうなるかを見届けたがっていると説明する。同時に、大主教は、信者なき聖職者は完全な聖職者ではないのだとし、聖職者は現場での障がいが起こらないように、信者、司祭、長司祭と協力していくべきだと主張した。

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-