エピファニー宇正教会首座主教「教会の独立は、ウクライナの第二の洗礼」

エピファニー宇正教会首座主教「教会の独立は、ウクライナの第二の洗礼」

ウクルインフォルム
エピファニー・ウクライナ正教会首座主教(キーウ(キエフ)と全ウクライナ府主教)は、コンスタンティノープル総主教庁による同教会の独立は、ウクライナの第二の洗礼だと考えている。

18日、エピファニー首座主教がICTV局の番組「表現の自由」にて発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

同首座主教は、「私たちが、第一の洗礼をヴォロディーミル聖公の時代に受けたのであれば(編集注:988年)、今回はウクライナの第二の洗礼である。なぜなら、私たちは、独自の独立したウクライナの教会を得るからである」と発言した。

エピファニー首座主教は、今後多くの改革を行っていくつもりであるが、対立の生じないよう、よく考えて段階的に実行すると説明した。

また、同首座主教は、ヴァルソロメオス1世コンスタンティノープル総主教とは10年以上前に始めて面会したことを明かし、会談が非常に真摯なものであったこと、ギリシャ語で話しかけたら喜んでもらえたこと、そして総主教からウクライナのために多くのことをすべきだと言われていたと述べた。

これまでの報道にあるように、15日、キーウ市内のソフィア大聖堂でウクライナ正教会統一会合が開催され、そこで、コンスタンティノープル総主教庁からの独立に関する交付文書トモスを受け取る、首座主教として、エピファニー府主教が選出された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-