南西部ムカチェヴォからハンガリー・ブダペスト市までの特急が運行開始

南西部ムカチェヴォからハンガリー・ブダペスト市までの特急が運行開始

32
ウクルインフォルム
9日、南西部ザカルパッチャ州ムカチェヴォ市からハンガリーの首都ブダペストまでの特急電車が運行を開始した。最初の乗客は10人であった。

リヴィウ鉄道労働組合長のヤロスラウ・アフタナスさんがウクルインフォルムの記者に伝えたところでは、現在同特急の車両は1台のみだが、今後3台まで増加の予定だとのこと。

ムカチェヴォ~ブダペスト間特急最初の乗客のアンナ=ソフィヤ・レイペシさん
ムカチェヴォ~ブダペスト間特急最初の乗客のアンナ=ソフィヤ・レイペシさん

アフタナスさんは、「ムカチェヴォ~ブダペスト間の電車は、キーウ(キエフ)時間午後0時30分に発車しました。現在、このルートを走るのは一車両であり、両国での需要を計るまでの間の試験運用の段階です。今日、ムカチェヴォからの最初の乗客数は、10名でした」と説明した。

需要がわかり次第、車両数は、2、3台に増加されるとのことで、アフタナスさんは「ハンガリー側も3台に増加したがっています。つまり、毎日約200名の乗客を見込んでいるということです」と述べた。

同電車の時刻表は、

ムカチェヴォ発12:30-ブダペスト着19:37(キーウ時間)

ブダペスト発8:23(ブダペスト時間7:23)-ムカチェヴォ着15:25(キーウ時間)

であり、乗車料金は680フリヴニャ、あるいは20.9ユーロである。切符は、ムカチェヴォ駅かチョープ駅(ウクライナ)で購入可能。

アフタナスさんによると、乗客は、バスよりこの電車の方が快適だと述べていたとのことで、「ムカチェヴォでは多くの人が、新しい特急は学生がハンガリーに勉強しに行くのにより快適だし、これまでの半額で行けると述べていました。これまでは駅までタクシーで行き、そこから国境近くのチョープへ行って、そこでハンガリー側へ越境する必要があったからです。もう一つの特急の利点は、国境での行列に並ばなくても良いことです。バスだと国境の行列で6、7時間待たされますが、この特急なら、ムカチェヴォ~ブダペスト間の移動全体の時間が7時間なのです」と強調していた。

なお、このウクライナ・ハンガリー国境間プロジェクトは、2年前の2016年11月にオメリャン・ウクライナ・インフラ大臣がザカルパッチャ州にて発表したものであった。運行開始は数度にわたり延期されていた。

写真:セルヒー・フダク

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-