トルコでクリミア・タタール人コミュニティが収穫祭を開催

トルコでクリミア・タタール人コミュニティが収穫祭を開催

ウクルインフォルム
14日、トルコのクリミア・タタール住民が伝統行事の収穫祭「デルヴィザ」を開催した。

この収穫祭が行われたのは、トルコの首都アンカラから80キロ離れたポラトル地区トイデミル(Toydemir)。アンカラ、イズミル、エティメスグト、マナヴガット、エスキシェヒル、ポラトル等の町のクリミア・タタール人コミュニティの代表がこの行事を祝うために集まった。ウクリンフォルムの特派員が伝えた。

トルコのクリミア・タタール互助・文化センター長のムクレミン・シャヒンさんは、「これは例年開催される伝統的なお祝いです。開催の場所にも特別な意味があります。ここは、解放戦争(編集注:1919〜1923年)の頃、サカリヤ川からのギリシャ軍を食い止めたところなのです。それは、戦争の重要局面でした」と述べた。

クリミア・タタール人コミュニティは、2004年以降、トイデミル近くの山に毎年数百本の木を植えており、その場所は「クリミアの記憶の森」との名前を持っている。

ポラトル市のクリミア・タタール文化センターの運営者の一人は、演説の中で、今年は240本の木を植えたと述べ、「次回は、ウクライナの人たちも『クリミアの記憶の森』への植樹に参加してもらいたいです。そうすれば、両民族の団結の象徴になるでしょう」との案を伝えた。

収穫祭「デルヴィザ」は、収穫の終わりと、秋から冬へ向かう時期の到来を祝う祭りだとのこと。「デル」は、扉、または門を意味し、「ヴィザ」は、外出の許可を意味する言葉である。この収穫祭の前には、家の中と外の大掃除をする。昔は、このお祝いの後には結婚のシーズンが始まっていたようである。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-