IAEAはウクライナで「汚い爆弾」が作られていないことを確認した=ゼレンシキー宇大統領

IAEAはウクライナで「汚い爆弾」が作られていないことを確認した=ゼレンシキー宇大統領

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は3日、国際原子力機関(IAEA)の査察団がウクライナでは誰も「汚い爆弾」を作っていないことを確認したと発言した。

ゼレンシキー大統領が動画メッセージにて、同日公開されたIAEAの報告に言及した

ゼレンシキー氏は、「今日は、IAEAの結論がある。それは完全に明白な内容だ。査察団は、ロシア代表者が、いわゆる汚い爆弾のファンタジーを発表した際に言及した全ての施設を訪問した。私たちは、IAEAを調査のために招待したのであり、私たちは彼らに、当該施設での行動の完全な自由を与えた。そして私たちは、ウクライナでは誰も『汚い爆弾』を1つたりと作っていなかったし、今も作っていないということの明確で、否定できない証拠を得ている。私たちの地域で現在唯一の『汚い』ものは、モスクワにいる、残念ながら、ロシア国家のコントロールを奪い、ウクライナと全世界にテロを仕掛けている人物たちの頭である」と強調した。

これに先立ち、3日、IAEAは、同機関の査察団がウクライナの3箇所で検査を行ったところ、ロシアが発表していたような、未申告の核活動・核物質の兆候は発見されなかったと発表していた

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-