ウクライナで「汚い爆弾」製造の兆候見られず=IAEAが査察結果発表

ウクライナで「汚い爆弾」製造の兆候見られず=IAEAが査察結果発表

ウクルインフォルム
国際原子力機関(IAEA)は3日、同機関の検査官がウクライナの3箇所で検査を行ったところ、ロシアが発表していたような、未申告の核活動・核物質の兆候は発見されなかったと発表した。

IAEA広報室が発表した

発表には、ロシアがキーウの原子力研究所、ジョウチ・ヴォディの東部採掘・加工工場、ドニプロの南部自動車製造工場の3地点で未申告活動を行っていると非難したことを受け、ウクライナ政府が査察団を要請していたと書かれている。

IAEAは、「この数日間、査察団は、IAEAが計画した全ての活動を実施することができ、彼らには施設への自由な立ち入りが許可されていた。現時点で得られた結果とウクライナが提供した情報の評価に基づいた上で、IAEAは、未申告の核活動・核物質の兆候は一切発見していない」と発表した。

また査察団は、IAEAの研究所や調査研究所ネットワークでの分析のために環境サンプルを採取したという。そのようなサンプルは、過去と現在の核物質の取り扱いに関する情報を与え得る超高感度分析手法のために広く利用されている手段であると説明されている。

グロッシーIAEA事務局長は、「私たちが現時点で行った結果に対する技術的・科学的評価では、それらの3地点での未申告の核活動・核物質の兆候は全く示されていない。加えて、私たちは、できるだけ早く、環境サンプル採取の結果を報告する」と発言した。

同発表を受けて、クレーバ宇外相は、ツイッター・アカウントにて謝意を伝えた。クレーバ氏は、「IAEAが、ロシアの偽情報の中心となっていた3地点の査察を行ったが、『汚い爆弾』の証拠は一切見つからなかった。私は、グロッシーIAEA事務局長に、IAEAのすばらしく、迅速な協力につき謝意を伝える。IAEAは、ロシアの嘘に対抗する支援を行った。ロシアは、世界の主要嘘つきの地位を確固たるものとした」と書き込んだ。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-