米上院、共和党のノルド・ストリーム2制裁法案を否決

米上院、共和党のノルド・ストリーム2制裁法案を否決

ウクルインフォルム
米上院は13日、クルーズ共和党議員が提出した独露間新天然ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」への自動的発動を想定した法案を否決した。

ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

法案の可決には60票必要なところ、賛成は53票、反対は41票だった。

なお、12日に民主党のメネンデス議員が同共和党案の対案となる独自のウクライナ支援・対露制裁法案を発表していたことから、今回の投票にてクルーズ共和党案は否決されることが予想されていた。

クルーズ共和党案は、ロシアがウクライナに対して更に侵攻するか否かを問わず、法律署名後15日後に対ノルド・ストリーム2制裁を発効させることを定めていた。これに対して、メネンデス民主党案は、国防省と国務省に対して、ウクライナの防衛能力強化のために、防衛品の輸送を加速し、ロシアが再侵攻した場合の追加的対ウクライナ緊急支援として5億米ドルを承認することを要請するものとなっている。この民主党案では、ノルド・ストリーム2は「ロシア連邦の悪影響の手段」であるとした上で、米政権に対して、同パイプラインが稼働しないように「利用可能で適切なあらゆる手段を検討」すべきだと求めている。

なお、これに先立ち、民主党と共和党の議員間で、民主党がノルド・ストリーム2制裁に賛成する代わりに、共和党はバイデン政権の人事関連の決定を妨害しないことで合意したことが伝えられていた。

また、ノルド・ストリーム2への制裁は、今年の国防権限法の採択前法案に含められていたが、最終採択前に、同条項は削除されていた。

共和党議員は、制裁によってノルド・ストリーム2を停止することができると主張しており、また、バイデン米大統領がドイツとの関係調整を求めて、ノルド・ストリーム2への制裁を解除したとして、バイデン大統領のロシアへの姿勢を非難している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-