ゼレンシキー大統領、ベニス委員会委員長と裁判改革を協議

ゼレンシキー大統領、ベニス委員会委員長と裁判改革を協議

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は7日、欧州評議会の法による民主主義のための欧州委員会(ベニス委員会)のブキッキオ委員長とキーウ(キエフ)にて会談し、同委員会によるウクライナの重要改革への支援と協力を指摘した。

ウクライナ大統領府広報室が伝えた

発表によれば、ゼレンシキー大統領はブキッキオ委員長に対して、ベニス委員会がウクライナの汚職対策システム構築と裁判改革を常にサポートしていることにつき謝意を伝えた。

大統領はまた、ウクライナの法の支配を確保するために作成された、司法機関や憲法裁判所の改革法案、汚職根絶に関する法案など、最新の法案について説明した。

また大統領は、(昨年10月に生じた)憲法裁判所の判決をめぐる危機の際にベニス委員会が支援を行ったことに言及し、憲法裁判所や司法政権機関のポストに就任する人物の選出に向けた透明でオープンな選考実施を目指す努力について報告した。

その他大統領は、2014年のいわゆる「クリミア住民投票」の違法性と、その後のクリミア自治共和国とセヴァストーポリ市のロシア連邦へ「編入」が国際法と合致しないことに関し、ベニス委員会が重要な結論を出したことを喚起した。大統領は、2014年にロシアによるクリミア「併合」に対して国際社会が不承認政策を形成する際に、ベニス委員会の原則的立場が重要な要素となったことを指摘した。

ゼレンシキー大統領はまた、クリミア・プラットフォームとクリミア脱占領に向けた国際社会の努力の集結の重要性を指摘した。

ブキッキオ委員長は、ゼレンシキー大統領による欧州的未来を持つウクライナという視点と、ウクラナをより民主的で透明な国家にしようとする願望を高く評価した。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-